ディズニーファンに嬉しい!注目のディズニーJCBカードの特典・年会費やポイントは?

消費税増税にともない実施されるキャッシュレス決済によるポイント還元が2019年10月から9ヶ月の期間限定で実施されることになりました。

アプリの決済も続々でてくるなか、キャッシュレスの「元祖」であるクレジットカードも再注目されています。

たくさんのクレジットカードがあるなかで「私の1枚」を選ぶポイントは様々でしょう。

今回は、熱烈なファンも多いディズニーに特化したクレジットカードを紹介します。

■クレジットカードの平均所有枚数は2.7枚

クレジットカードは平均何枚持っているのか気になりませんか?

一般社団法人クレジットカード協会の調査によると、2018年3月末のクレジットカード発行枚数はなんと2億7827万枚。

クレジットカードを所有できる年齢を20歳以上とすると、その総人口は約1億500万人。

一人当たりで割り戻すと平均保有枚数は2.7枚となります。

スポーツショップやデパート、航空会社など様々な分野でオリジナルのクレジットカードがあり、商品券がもらえるキャンペーンなどで作っているとあっという間にお財布がパンパンになってしまうケースが多いので意外と少ない数字ですが、クレジットカードをあまり使わない高齢者や現金主義の人数も入れての平均なので実際にクレジットカードを活用している人だけで考えるともう少し多いと考えられます。

■ディズニーカードとは?

日本のディズニーリゾート(以下東京ディズニーリゾート)であるオリエンタルランドのオフィシャルスポンサーはJCBです。

もちろんパーク内では他のブランドのカードも利用することができますが、ディズニーのクレジットカードはJCBのみ。

その名もディズニーJCBカードです。

カードにディズニーキャラクターが描かれディズニーファンはお財布に入っているだけでもテンションが上がるはず。

筆者も所持者の一人ですが店舗で支払う時にお店の方に「かわいいカードですね」と何度も声をかけられています。

現在は期間限定でリトルマーメイドの絵柄を選ぶこともできます(2019年9月現在)

ディズニーJCBカード・一般カードの詳細

一般カード
■年会費:初年度年会費無料、2年目以降は2000円+税

■特典:毎年更新ごとに記念品(ピンバッジ)が送られます。

■選べるカードのキャラクター:ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、スティッチ、ティンカーベル

 

ディズニーJCBカード・ゴールドカードの詳細

ゴールドカード
■年会費:初年度から年会費1万3000円+税

■特典:毎年更新ごとに記念品(フィギュア)が送られます。

■選べるカードのキャラクター:ミッキーマウス、シンデレラ城

■ディズニー★JCBカードだけの特典① ディズニーポイントが貯まる

ディズニーリゾートはもちろん一般の店舗でのショッピングや水道光熱費の決済でもディズニーポイントが貯まります。

このポイントはディズニーストア、ディズニーリゾート、ディズニーJCBカードサイト内の特典交換で利用できます。

ディズニーJCBカードサイト限定で一般で非売品が特典交換グッズになることもあり特に人気なのが、11100ポイントで交換できるディズニー・カードクラブ オリジナルファンタジア・ミッキー・ウォッチです。

特典交換はグッズのみならずディズニーリゾートのホテル割引やパークチケット、ディズニー映画チケット、DVD、ディズニーオンアイスやディズニークラッシックなどのコンサートチケットもあります。

一般カードは200円で1ポイント、ゴールドカードは100円で1ポイント貯まり、1ポイント1円分として使うことができます。

一般カードは0.5%、ゴールドカードの還元率は1%です。

筆者は生活費の決済の多くをこのカードに集約し年間100万円ほどゴールドカードで使い1万ポイント貯め年1回のディズニー旅行時レストランで使っています。

■ディズニー★JCBカードだけの特典② 限定衣装のミッキーかミニーと写真が撮れる(抽選)

キャラクターグリーティング施設であるディズニーランドの「ミッキーの家」やディズニーシーの「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」では会えないオリジナル衣装を着たキャラクターグリーティングに申し込むことができます。(基本的にミッキーかミニー)

毎週水・日曜日の週2回開催で1日50組を抽選で招待してもらえます。

当選するとメールで集合時間・場所の連絡があり、指示どおり行くと順番にそのグループごとに写真を撮ってもらえたうえその写真もプレゼントしてもらえます。

かなり高い倍率ですが、筆者は3回当選して夢のような時間を味わいました。

他のクレジットカードにはない特典です。

■ディズニー★JCBカードだけの特典③ ディズニー系コンサートやイベントの先行販売・新施設のプレビューがある

ディズニーオンクラッシックやディズニーオンアイスなどのイベントの先行販売や新しいアトラクションのプレビューイベントに参加できます。(イベントは抽選)

コンサートによっては前から10列目まで確約先行販売などファンにとってはお金に変えがたい特典があることも。

また、短期間で多額の決済をした場合予告なくスポンサーとして掲げているアトラクションのインビテーションが届くことがあります。

予約すると一般からはわからない秘密の入口を教えてもらえ、指定時間に行くと入ることができます。

ラウンジでドリンク提供があり待ち時間なくそのアトラクションに乗ることができるのです。

現在JCBは、ディズニーランドはスターツアーズ、ディズニーシーはニモ&フレンズシーライダーのスポンサーになっています。

どれくらいの期間でいくら使ったらインビテーションが届くという基準は公開されていませんが、筆者の場合、引っ越し等で1ヶ月で80万円ほど決済になった時にもらったことがあります。

■ディズニー★JCBカードだけの特典④ カード会員限定のディズニーリゾート貸し切りイベントに申し込める(抽選)

ディズニーJCBカード10周年を記念して2019年1月9日にスペシャル・ナイト at 東京ディズニーシーが開催されました。

有料で抽選での参加になりますが、このカード会員しか申し込めない限定イベントです。

人数が限定されているのでアトラクションの待ち時間も少なく特別なショーやプレゼントもあったようです。

このようなカード会員限定イベントも魅力のひとつです。

■まとめ

ディズニーJCBカードは年会費がかかりますが、非売品のグッズを更新のたびにもらえ、ディズニーファンとしてお金に変えがたい特典がたくさんあるのが魅力です。

このように何かの趣味や特典に特化したクレジットカードは沢山あります。

どんな特典を自分のライフスタイルに活かしていくかもカード選びのポイントといえるでしょう。

キャッシュレス化に乗り遅れないよう、自分に合ったクレジットカードを探してみてください。

■筆者

稲村優貴子

稲村優貴子

ファイナンシャルプランナー(CFP)、心理カウンセラー、ジュニア野菜ソムリエ

大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポートをする仕事がしたいとの想いから2002年にFP資格を取得し、独立。

現在FP For You代表として相談・講演・執筆活動を行っている。

日経ウーマン、北海道新聞などへの記事提供、テレビへの取材協力など各メディアでも活躍中。

著書『年収の2割が勝手に貯まる家計整え術』河出書房新社。趣味は、旅行・ホットヨガ・食べ歩き・お得情報収集

 

JCB一般カードディズニーデザイン申込はこちら※このページ紹介のディズニーJCBカードとはサービスが異なります

 

JCBゴールドカードディズニーデザイン申込はこちら※このページ紹介のディズニーJCBカードとはサービスが異なります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。