JCB CARD WとJCB CARD W plus Lのポイントやメリット特徴を紹介!

「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」は若い世代におすすめのクレカ!

JCBカードの中には所有できる年齢が決まっているものがあり、「JCB CARD W(jcb wカード)」「JCB CARD W plus L(jcb w カード プラスL)」も、その中の1つで、特に若い世代におすすめなカードです。

では、「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」は、どのような特長を持っているのでしょうか?また、JCB一般カードとはどのような点が違うのでしょうか?

今回は、「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」について、徹底解説していきます。

◆「JCB CARD W」/「JCB CARD W plus L」とは?

初めに、「JCB CARD W(jcb wカード)」と「JCB CARD W plus L(jcb w カード プラスL)」のカード情報をご紹介いたします。カードの基本情報は2種類とも同じです。

◎年会費
*本会員:無料
*家族会員:無料
◎カードフェイス
*JCB CARD W:紺色ベース・無地
*JCB CARD W plus L:ピンクベース:つる模様
◎国際ブランド:JCB
◎申し込み対象

*本会員:18歳以上39歳以下で、本人または配偶者に安定した収入が継続してある方/18歳(高校生を除く)以上39歳以下で学生の方(申し込みができない学校も一部あります)

*家族会員:生計を伴う配偶者・両親・子供(高校生を除く18歳以上)の方(本会員が学生の場合には、家族カードを申込むことはできません)

◎入会方法:WEB入会限定
◎ポイント:JCBポイント「Oki Dokiポイント」
◎旅行傷害保険(海外旅行):死亡・後遺傷害保険金 最高2000万円
◎ショッピングガード保険(海外旅行):最高100万円
◎追加可能カード:家族カード/ETCカード/QUICPay
◎会員向けWEBサービス:MyJCB/MyJチェック
◎Apple Pay:認定OK
◎Google Pay:認定OK

※JCB CARD WとJCB CARD W plus Lは、基本カード情報に大きな違いはありません。

違いとしては、JCB CARD Wは39歳以下の方全般を対象としたカードで、JCB CARD W plus Lは女性におすすめサービスをプラスしたカードとなります。(plus Lの「L」は「Lady’s」のLを指しています)

◆「JCB CARD W」/「JCB CARD W plus L」の特長とおすすめポイント

ここで、JCB CARD W/JCB CARD W plus L共通の特長と、おすすめポイントをご紹介しますね。

(1)高いポイント還元率

1.国内・海外問わずポイント2倍

通常のポイントは、カード利用額1,000円(税込)につき1ポイントですが、JCB CARD WまたはJCB CARD W plus Lなら普段の買い物で利用することで、「1,000円(税込)につき2ポイント」貯まります。これは、国内利用に限らず海外利用でもポイント2倍で貯まっていきます。

2.JCB ORIGINAL SERIESパートナー利用で更にポイント優待

JCB ORIGINAL SERIESとは、JCB発行のスタンダードクレジットカードのことで、そのカードが利用できる店舗をJCB ORIGINAL SERIESパートナーといいます。

このJCB ORIGINAL SERIESパートナーでJCB CARD W/JCB CARD W plus Lを利用すると、通常利用でポイント2倍のところ3倍・10倍で貯まります。

ポイント3倍で貯まる店舗としては「Amazon」や「セブンイレブン」などがあり、10倍で貯まる店舗としては「スターバックス」があります。

 

このうちスターバックスは、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lのいずれかから「スターバックスカード」へオンライン入金することで、ポイント10倍の対象となります。

例えば、Amazonでの1か月の利用額が20,000円だった場合、通常のポイント還元率では20ポイントが付与されます。しかし、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lでの利用では2倍の40ポイントとなります。

加えて、AmazonはJCB ORIGINAL SERIESパートナーであるため、2倍から3倍にポイントアップします。これに、通常ポイント1倍が加算されるので、合計でポイントが4倍で付与されることになります。

つまり、Amazonで1か月20,000円分カード利用すると、80ポイントがゲットできちゃうわけです。これはうれしいサービスですね。

3.OkiDokiランド経由でのショッピングでポイント最大20倍

JCBが運営するインターネット通販サイト「OkiDokiランド」でカード利用することで、最大20倍でポイントが貯まりますよ。

OkiDokiランドに参加している店舗としては、「楽天」・「ヤフーショッピング」・「LOHACO」などの大手インターネット通販サイトや、大手化粧品・健康食品メーカーの「DHC」などがあります。

店舗ごと付与するポイント倍率は異なり、時期によって変動します。

現在OkiDokiランドでポイントアップ中の店舗には、ウイルスバスター公式「トレンドマイクロ・オンラインショップ」・ウイルスバスター公式「トレンドマイクロ・オンラインショップ(モバイル)」・「シマンテックストア」・「サンスターオンラインショップ」がそれぞれポイント20倍、「マカフィー・ストア」がポイント18倍となっています。

PCやスマホのセキュリティソフト購入を考えている方は、今がチャンスですよ。

4.ポイント還元率は1.0%

ポイント還元率とは、「カード利用額いくらに対して何円分のポイントが付与されるか」という割合をさします。

Oki Dokiポイントは、1ポイント=3円~5円相当の価値があります。1ポイント=5円相当とした場合、5円は1,000円の0.5%なのでポイント還元率は0.5%です。

ですが、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lはポイント2倍なので、そのポイント還元率は1.0%相当になるわけです。(1ポイント=5円相当の場合)

ポイントの価値が高ければ、どんどん貯めようという気になりますよね。

(2)新規入会でうれしいポイント4倍キャンペーン

現在、JCB CARD WまたはJCB CARD W plus Lに入会すると、3か月間にわたりポイントが4倍で付与されます。

2019年4月1日~6月30日までの期間中にJCB CARD W/JCB CARD W plus Lいずれかに入会しカード利用すると、ポイント2倍特典(通常ポイント1倍+ボーナスポイント1倍)に新規入会ボーナス2倍が加算され、合計ポイント4倍となります。

例えば、2019年4月に入会するとポイント4倍期間は2019年7月末まで、5月に入会すると8月末までとなります。

キャンペーン期間は、入会日ではなく入会月から3か月目の末日に設定されるので、月初めに入会するのがおすすめです。(入会月の確認方法は、カードと共に手元に届く「カード発行のご案内」で確認ができますよ)

4倍期間中のポイント価値は1,000円=20円相当で、基本還元率は実に2.0%となります。ポイント還元率2.0%は年会費無料のクレジットカードの中ではトップクラスの高倍率で、しかもカード利用の仕方に制限はなく、一般的なカード利用で付与されるのが魅力です。

(3)豊富なポイント交換商品

せっかくポイントを貯めても、その交換先が充実していないと貯める意味がありませんね。JCBのOkiDokiポイントは、様々な商品と交換できるほかポイントで買い物ができたり、利用料金の支払いに充当することも可能です。

また、JCBギフトカードへの交換やANAマイレージへの移行もできます。

このうち、JCBギフトカードは1,050ポイントでJCBギフトカード5,000円分(1,000円券×5枚)に交換でき、ANAマイレージは500ポイント以上1ポイント単位となり、1ポイント=3マイルから移行が可能です。

マイレージに移行する際、他社カードでは移行手数料が掛かることが多いですが、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lでは手数料無料で移行できるので安心してくださいね。

他にも、JCBがオフィシャルスポンサーとなっている東京ディズニーリゾートのパークチケット2枚分が、3,200ポイントで交換できますよ。

(4)日本唯一の国際ブランドだからできる安心の日本語サポートサービス

海外旅行時にカードに関する何らかのトラブルが発生した場合、海外のコールセンターに掛けても日本語が通じないと困ってしまいますね。

JCBでは、海外に「JCBプラザコールセンター」を設置しており、オペレーターは日本語で対応してくれます。

このコールセンターでは、海外旅行時のケガや病気の病院案内や、クレジットカードやパスポートの紛失・盗難対応、不慮の事故やトラブルにおける対応などを、英語・日本語で24時間&365日サポートしてくれます。

そのため、語学力に自信のない方でも安心して利用することができます。

手厚いサービスを受けられるのも、日本でただ1つの国際ブランドであるJCBの強みでもあり、JCB CARD W/JCB CARD W plus L会員はそのサービスを受けることができるのです。

この2つのカード会員は39歳以下の若い世代がユーザーなので、海外では何かと不安が多いと思います。

ですが、JCBの手厚いサポートサービスがあるので、万が一トラブルが発生しても安心ですよ。

(5)万全のカードセキュリティで安心して利用できる

身に覚えのないネットショッピングでのカード利用が発覚した場合、請求が来てもそれを取り消すことができます。

まずJCBが不正使用の状況を調査し確認が取れると、ユーザーの届出日より60日前までさかのぼって以降の損害額分をJCBが負担してくれます。

JCBでは不正使用がないかを常時チェックしていますが、万が一不正使用が発覚してもその後のサポートも充実しているので安心です。

(6)カードの使い過ぎも防げる

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lユーザーの中には、初めてのクレジットカードがこの2つのいずれかという方も多いことでしょう。

初めて利用する方にとってクレジットカードは、手元に現金が無くても買い物ができるのでとても便利に感じると思います。そのため、つい使い過ぎて高額請求にビックリしてしまうことも・・・

そうならないため、JCBでは「安心お知らせメール」というサービスを行っています。

事前登録することで、カードの利用残高がMyJCB(会員専用WEBサービス)内で設定した利用限度額を超えた時点で、Eメールにて利用状況を知らせてくれます。

公共料金の支払いや様々な利用料金の支払いにJCB CARD W/JCB CARD W plus Lを利用していると、あとどのくらいカード利用ができるか把握できなくなることもありますね。

そんな時、安心お知らせメールに登録しておけば、その月の利用可能残高をチェックでき、また使い過ぎを防げるので便利ですよ。

(7)年会費無料でも旅行傷害保険は最高2,000万円

年会費が高額なクレジットカードでは旅行傷害保険も手厚く、年会費無料なカードでは手薄になるのが一般的な傾向ですが、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lの場合、年会費無料にもかかわらず海外旅行時の傷害保険が最高2,000万円に設定されています。(死亡・後遺障害時)

また、ショッピングガード保険(カード利用で購入した商品が、偶然の事故によって損害を被った際に補償される保険)においても、海外旅行時では最高100万円の補償が付帯しています。

海外には治安の悪い地域も多いですから、いつ購入品の盗難に遭うか分かりませんね。そのため、万が一のことを考えショッピングガード保険が付帯したクレジットカードを利用することも重要です。

JCB CARD W/JCB CARD W plus Lならば、安心して海外でも利用することができますよ。

◆JCB CARD W plus Lだけのおすすめポイント

「JCB CARD W plus L」は、JCB CARD Wのサービスに加え女性にうれしいサービスが付いた、39歳以下の女性におすすめなクレジットカードです。

 

ここで、JCB CARD W plus Lオリジナルのサービスをご紹介しますね。

(1)女性のキレイをサポートする「LINDAリーグ」

JCB CARD W plus Lユーザーは、女性におすすめのサービスやお得な情報を発信する会員専用サイト「LINDAリーグ」を利用することができます。

LINDAリーグには、女性が特に興味を持っている「ビューティ」・「ファッション」・「グルメ」・「エンタメ」の4つのカテゴリに様々な企業が参加・登録しており、その企業のおすすめ商品やサービスを受けることができます。

現在、
ビューティ部門には4社(ネイルクイック・@コスメ・アクアレーベル・ロクシタン)、
ファッション部門には3社(BUYMA・ABISTE・ミレポルテ)、
グルメ部門には4社(一休.comレストラン・スターバックス・ディアーズ ブレイン・クックパッド)、
エンタメ部門には8社(ソラシドエア・JCBトラベル・一休.com・プリンスホテル・ワタベウェディング・藤田観光・引越しは日通・カタール航空)
が参加しています。

こうした企業の中では、LINDA会員向けにおすすめ商品を通常よりもお得な料金で提供したりお得な情報を発信するなど、会員のキレイをサポートしています。

また、毎月様々な優待情報やプレゼントを用意しており、その内容も豪華です。

例えば、今月の豪華プレゼントとお得な優待情報は、以下の通りとなっています。

《プレゼント》

1.JCBトラベルで利用できる旅行代金1万円分(目録):6名様
2.プリンスホテル 絶景日帰り温泉 龍宮殿本館 ペア招待券:1名様
3.ドクターシーラボ 薬用アクネレスクールセラム:1名様
4.cinema LINDA TOHOシネマズ映画観賞券:20組40名様
5.アクアレーベル スペシャルジュレ:20名様
6.ネイルクイック スパネイル キューティクルバターN:27名様

《優待情報》

1.ミルポルテ:2,000円分クーポンプレゼント
2.JCBトラベル:旅行申込みでOkiDokiポイント2倍
3.プリンスホテル:絶景日帰り温泉「龍宮殿本館」会員限定優待料金
4.藤田観光:箱根小涌園「天悠」最上階の露天風呂付客室で最高の夕食/箱根小涌園「天悠」会員限定優待料金/伊東「緑涌」会員限定優待料金/箱根小涌園「ユネッサン」会員特別優待料金
5.クックパッド:プレミアムサービス(有料)を最大2か月間無料で利用できるクーポンプレゼント
6.一休.com:1,000円OFFクーポンプレゼント
7.ワタベウェディング:挙式・スタジオフォトプラン割引サービス
8.引越しは日通:家族・単身引っ越しの優待

その他にも、日常生活の中で役立つコラムや占いなど、気になる会員限定コンテンツの配信もあります。

(2)JCB CARD W plus L限定の女性疾病保険に加入できる

最近では、若い世代で女性特有の病気(乳がん・子宮がん・卵巣がん)を発症する方も増えており、若いうちからこれらの病気への備えをしておくことが大切です。

JCB CARD W plus Lではカード会員限定の女性疾病保険を用意しており、少ない掛け金で女性を守ってくれます。

《女性疾病保険の概要》
*疾病入院保険金:日額3,000円
*女性特定疾病入院保険金:日額3,000円
*疾病手術保険金:入院中30,000円/外来15,000円
*女性特定疾病手術保険金:入院中30,000円/外来15,000円
*月の掛け金:満18歳~19歳→290円/満20歳~24歳→290円/満25歳~29歳→540円/満30歳~34歳→670円/満35歳~満39歳→710円
*申込対象年齢:満18歳~満69歳までの女性

(3)リーズナブルな掛け金でプラスできる女性向け任意保険「お守りリンダ」

JCBでは、女性疾病保険の他に、少ない掛け金で手厚い補償を受けられる女性限定の保険「お守りリンダ」を提供しており、JCB CARD W plus Lユーザーならばそのサービスを受けることができます。

お守りリンダでは、異なる4つの保険プランを用意しており、その中から選んで加入ができます。ここで、4つ保険プランをご紹介しますね。

◎プランA【女性特定がん保険】
*手術保険金:50万円
*月の掛け金:20~24歳→30円/25~29歳→60円/30~34歳→110円/35~39歳→190円
*申込対象年齢:満20歳~満79歳までの女性

◎プランB【天災限定傷害保険】
*入金保険金:日額5,000円
*手術保険金:5万円/10万円/20万円(種類によって異なる)
*月の掛け金:一律60円
*申込対象年齢:満20歳~満70歳までの方

◎プランC【犯罪被害補償(盗難保険)】
*ひったくり損害保険金:最高50万円
*鍵取替え費用保険金:最高3万円
*ストーカー行為対策費用保険金:最高50万円
*月の掛け金:一律100円
*申込対象年齢:満20歳以上の方

◎プランD:傷害入院補償
*入院保険金:日額5,000円
*月の掛け金:一律390円
*申込対象年齢:満20歳~満70歳までの方

※女性疾病保険では、入院でも通院でも保険金が受け取れるのがうれしいですね。また、お守りリンダは、どの保険プランも毎月の掛け金が大変リーズナブルで、4つのプランに全て加入しても月額580円~740円程度です。
1,000円未満で安心が得られるのであれば、加入しておきたいですよね。

 

◆まとめ

「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」は、若い世代を対象としたクレジットカードで、年会費無料でポイント高還元率が大きな魅力です。

また、39歳以下の女性にはJCB CARD W plus Lがおすすめで、女性を対象としたお得なサービスに加え、少ない掛け金で手厚い保険に加入できるメリットがあります。

若い世代向けに提供している国際ブランドのクレジットカードは、「JCB CARD W」と「JCB CARD W plus L」だけです。20代・30代でクレジットカードを作ろうと考えている方は、ぜひこの2種類のクレジットカードも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。