クレジットカードの返済がどうしても払えない!

クレジットカードを遣ったものの、返済が出来なくなると言う話は良く聞きます。

クレジットやキャッシングは実際のお金を遣う訳ではないのでついつい遣い過ぎてしまうものです。

実際のお金であれば自分が持っている以上のおかねは遣えませんが、クレジットやキャッングは違います。

今回はクレジットカードの返済がどうしても払えない!などを調査していきます。

つい遣い過ぎるクレジットカード

今ではキャッシュカードを持っていない人は少ないと思いますが、計画的に利用していないと請求書が来てビックリしてしまうことがあります。

現金を遣わなくて済みクレジットカードは感覚を麻痺させてしまいます。

現金払いは手持ちのお金の上限を超えませんが、クレジットカードやキャッシングの場合、自分の手持ち以上のお金を1度に遣えてしまうわけです。

誰でも欲しいものがある場合、目の前にそれを買えるクレジットカードがあればつい遣ってしまうと言うのが人情です。

ですが考えずに遣っているとやがて返せなくなる時が来ます。

クレジットカードを作って、たった1ヶ月でも返せなくなったと言う事も少なくありません。

後から分割や後からリボが出来ないかの確認

クレジットカードによっては後から分割や後からリボなどの返済方法に変える事が出来る場合があります。

確認するには会員サイトか電話などでチェックするしかありません。

確認後、利用出来るとなれば変更しましょう。

また、ボーナス一括と言う支払い変更が出来ればそちらでも構いません。

ただ色々な支払いをクレジットカード払いにしている人は、月々支払額が加算されていくので注意が必要です。

どうしても支払えない場合のウルトラC

どうしても支払いが出来ない場合、あまりお勧めできない方法ですがカードローンをして返済すると言う方法があります。

アコムやプロミスなどの消費者金融であれば審査は甘く、即日借入が出来るので急いでいる場合も最適です。

ただ金利に関してはそこそこ高くなるので、キャッシングした後は返済にだけ利用し、クレジットもキャッシングもしないでおきましょう。

返済がキレイに終われば今度は計画的に使うよう気を付けて下さい。

また、家族や知り合いに借りることが出来ればそれで返済するのも1つの手ですね。

クレジットカードの現金化?

クレジットカードの現金化と言う言葉を聞いた人はかなりいるのではないでしょうか。

お金がないと言う人に向けてネットなどではカードの現金化を促す文言が多いのですが、中には詐欺もあるので注意が必要です。

大抵の場合は、ネットで商品券、金券を購入して現金化すると言うものですが、商品券、金券を買った体で現金振り込みと言う業者もいます。

ただこれらの方法は違法ではありませんが、クレジットカード会社が禁じているケースが多いので注意が必要です。

商品券、金券などを度々購入していると現金化しているとしてクレジットカードが停止される場合もあります。

酷いときは契約解除される場合もあるので、度々使える手ではありません。

知り合いに頼んで現金化

商品券や金券を現金化と言うとクレジットカード会社から契約解除もあり得るので、近しい人に頼んで現金化するケースもあります。

つまり、家族や友人に頼んで買い物をカードで立て替えて後でその分を現金でもらうと言う現金化です。

こちらはクレジットカード会社が気付きはしないでしょうが、借金は確実に増えます。

分割やリボ払いが出来ない時点では、どうあがいてもいずれは一括で支払わなければなりません。

出来る限り早くクレジットカード会社へ連絡

支払えなくなった場合、絶対に怠ってはいけないのがクレジットカード会社への連絡です。

結局のところ信用は返済するかどうかだけではなく、すぐに連絡がつく、確実に連絡がとれるかなどに集約されます。

クレジットカードの裏面や会員サイトに連絡先が記載されているので、そこへ電話し「払えないのでどうしたらいいか」と訊ねましょう。

ただ、自身で使用した分を払えないと言う事になればクレジットカードは強制解約になりますが、払えない時点でそれは避けられないので返済していく上で楽な道を模索します。

遅延は61日以上でブラックリスト入りしてしまうので、それまでに支払う事が出来れば強制解除も避けられる可能性があります。

給料2回分はギリギリ間に合うので2ヶ月分で返済すると言えばカードも使えるようになり、分割も出来るのでとにかくクレジットカード会社に連絡することが大切です。

まとめ

今回はクレジットカードの返済がどうしても払えない!などを調査しました。

クレジットやキャッシングは実際のお金を遣う訳ではないのでついつい遣い過ぎてしまうものです。

実際のお金であれば自分が持っている以上のおかねは遣えませんが、クレジットやキャッングは違います。

遣い過ぎて返済が不可能になってしまうと言った話も良くある話で、特に初めてクレジットカードを作った人などが陥り易い状況です。

下手をするとブラックリスト入りしてしまうので、常に計画的に遣うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。