いよいよAppleカードが登場?日本ではドコモと提携?財布のない未来とは?

いよいよAppleカードが発行開始されているという事です。

まだアメリカの話みたいですが、日本にはいつ上陸するんでしょうか?

そのときの提携先はドコモなんて噂もあるみたいですけど・・・

財布のない未来とは?

色々と調べて見ましょう。

Appleカードとは?

Appleカードといってもギフトカードじゃありませんよ。

AppleカードはAppleが手掛けるクレジットカードサービスの事です。

Appleがクレジットカード業界参入するって言うのは驚きましたけどね。

Appleカードはバーチャルと物理のカードで、マスターカードを扱うところならどこでも通常の購入、あるいはApple Payでの購入に使えます。

専用アプリでカード払い内容が自動的にカテゴリー分けされ、どこで使用されたのかを表示します。

そしてアプリのデザインは利息や支出、キャッシュバックなどが観やすい物になっています。

キャッシュバック率は物理カードの場合は1%、バーチャルカードの場合はApple Payによる購入で2%。

Appleプロダクトの購入だと3%となっています。

キャッシュバックは毎日Apple Cash残高に反映されるか、Apple Cashアカウントを持っていない(持ちたくない)場合はクレジットとして毎月カードに反映さえます。

ということで、Apple製品を使っている人はっていうかiPhoneを使用している人は持っていた損は無いカードといえると思います。

Apple製品を購入するときにAppleカードで購入っていうのが当たり前になるのかもしれません。

囲い込みですよねwww

Appleは2019年第3四半期決算の電話会議で、夏とアナウンスしてきたAppleカードの米国展開を8月中に開始すると明らかにしました。

実際米国時間8月6日、一部のiPhoneユーザーに招待状の送付をはじめたということです。

iOS12の最新バーSジョンで、walletアプリからカードを作ると、審査を経てすぐにiPhoneなどにカードが登録されて、店舗やウェブでのApple Pay決済が可能になり、のちにチタン製のカードが郵送されてくると言う流れになるという事。

日本はいつになるのか?

興味はそこにありますよねwww

Appleカードはドコモと提携?

AppleカードはAppleとゴールドマンサックスで発行するクレジットカードで、国際ブランドはマスターカードに鳴ります。

Apple Pay対応店舗ではiPhoneやApple Watchなどで非接触ICを用いた決済ができますし、オンラインのApple Payも利用出来ます。

チタンカードを用いれば、マスターカードが利用出来る世界中の店舗で利用出来ます。

またAppleカードにはリワードプログラムがありますが、ポイントやマイルではなく、実際のお金の価値として還元されます。

ここで還元される方法にApplecashが使われます。

そのためAppleカードを展開する場合、必ずApplecashも展開することになるのです。

Applecashのバックエンドは米国の銀行の当座預金口座とそれに紐付いたデビットカードになります。

そしていよいよ日本での話です。

日本ではまだ誰がAppleカードのパートナーになるのか、Applecashをホスト銀行になるのかわかりません。

しかし、完全にゼロから金融サービスを構築しようとしているわけではないので、日本でも実現出来るのではないかと期待しています。

このシナリオの中、AppleカードとApplecashを手っ取り早く1つのパートナーで実現するなら、NTTドコモが最適といえるでしょう。

ドコモはクレジットカードdカードをもち、また資金移動業者として「ドコモ口座」の送金、決済サービスを展開しています。

モバイル決済インフラ「iD」にも強みがありますよね。

勿論、KDDIやソフトバンク、楽天といった他のモバイルキャリアに角が立つため、そう簡単に選択出来る相手ではないでしょうけど・・・

それでもAppleがJR.東日本とパートナーシップを組んでApple PayをSuicaに対応させたことを考えると、ありえなくもない選択肢でしょう。

まあ、まだどこになるかは分かりませんが、早く日本でAppleカードが使えるようになって欲しいですね。

財布のない未来とは?

Appleはすでに北京と上海でApple Payをでデジタル交通カードに対応させていて、iPhoneだけで地下鉄に乗れるようになっています。

日本でも乗れますけどねwww

他にも米国の6つの大学キャンパスを皮切りに、デジタル学生証を導入しています。

さらに、ライブやスポーツイベント、映画館のデジタルチケットとしても利用出来るように開発を進めているそうです。

それだけではなく、Appleは将来的には運転免許証やパスポートまでiPhoneに格納したデジタルIDに置き換えていきたいと考えているようです。

Appleカードはこの野望を実現させる上で重要な要素になります。

より多くのユーザーがiPhoneを使ってコーヒー代を払ったり、地下鉄の乗ったり、イベントのチケットして利用する。

そうなればなるほど、Appleはデジタルwalletの世界における覇権に近づいていくという事ですね。

そうなると確かに「財布のない未来」が見えてくる気がします。

Appleカードと言ってますが、物理的なカードも要らないって事ですからね。

スマートフォンに搭載された美しいインターフェイスだけで完結できると言う仕組みです。

クレジットカードも、ポイントカードも、お金も要らないって事になると本当に未来ですよね・・

Appleとしては全部をiPhoneに集約したいって事でしょう。

その未来はすぐそこまで来ているのかもしれません。

期待しましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。